ネットで誹謗中傷があった場合にはこうする!

些細なことでネットが炎上してしまう

最近ではネットが得韻上するという言葉が生まれています。なにかちょっとしときっかけで自分に対してネット上で誹謗中傷されるのです。顔が分からない相手から悪口を言われるというのは怖いものですよね。原因はさまざまありますが、実生活のことであったり、何気ない書き込みや投稿が原因になっていることが多いです。実生活のことであれば、身近に誹謗中傷した人がいて、個人であることが多いです。現在では多数から攻撃されるケースが増えています。

個人情報が晒されてしまケースがある

多数から攻撃される原因は自分に非があることが多いです。自分では面白いと考えて投降したことでも、不特定多数の人に攻撃対象になってしまうのです。一度炎上してしまうと、個人情報がネット上で晒されたりするケースがあるので気を付けましょう。一番良いのはなるべく変な書き込みをしないことで、不特定多数の人が読む可能性があるということを考えましょう。ある程度は時間が経てば治まることが多いですが、ネット上では残ってしまうことがあります。

書き込みを消してもらうことが大切

ネット上には削除されなければ半永久的に残ってしまいます。そうなった場合には、掲載されているサイトに連絡をして削除をしてもらうことが有効です。個人情報が掲載されていることは違法なので、削除をしてもらえない場合には、会社や書き込みをした本人に警告をして、裁判を起こすことも可能です。書き込みが悪質な場合には裁判のことも考えると良いですよ。書き込みした相手は遊び半分で行っている場合が多いので、こちらが強気に出れば治まります。

インターネットの検索エンジンにおける風評被害対策である「サジェスト対策」を行うなら、まずは弁護士に相談することからはじめるとよいでしょう。