会社文化の変貌によって研修の局面が減る理由とは

新入社員研修とその後の研修

新入社員を受け入れる会社組織の多くの場合は、新入社員研修をおこなって、人間としてのマナー、さらに挨拶等を研修を介して伝授します。会社組織の顔という形でこれから先働いてもらうためにどうしても必要な研修で、たくさんの会社組織が行っています。もう一方では、社会人としてマナー研修をが済んだ後の研修に注目すると、実践する会社組織が従来よりも減っています。その理由には、会社文化の変容とそれに根差す働き方の変貌があります。従って会社組織も研修コストをかけなくなりました。

社員を育て上げる研修が少なくなった理由

会社文化の変貌として非常に大きいのが、高度成長期をサポートした終身雇用制そして年功序列制度が消失しつつあるということであります。かつては、こちらの制度に従って、数多くの人が1個の会社組織において愛社スピリットを保有して定年に至るまで業務につく人が多くいたわけです。その結果会社組織としても、社員の高度化を実行するために新人研修、さらに中間管理職研修そして、役員研修などの研修をおこなって、能力を引き出す必要があったわけです。こうした制度が失われたことが研修を少なくした要因です。

社員研修にコストをかけない事情とは

アメリカやヨーロッパのような実力主義が国内でも台頭し、1個の会社組織に定年退職まで勤めるという基本姿勢が少なくなったわけです。終身雇用制であったり年功序列制度が存在しなくなったため、1つの会社に勤務し続ける必要性がなくなり一層高く評価する会社への転職者も増加傾向にあります。従業員の流動性が上がったことで、従業員に対し高額な研修費用を掛けて育てることが水の泡と考える会社組織も増え、従業員を中途採用するように転換しつつあるわけです。

社員研修は、企業の理念を共有したり、業務上必要なスキルを習得するために有効です。ビジネスマナーを身につけたり、社内のルールを理解することもできます。